愛知県名古屋市中区にあるは誠歯科(まことデンタルクリニック)にすべてお任せ

お知らせ

お 得 な お 知 ら せ ・ 特 典 情 報 履 歴

1/2ページ目を表示 最初 | < 戻る | 次へ > | 最後
年末年始休診のお知らせ
投稿日時:2019年12月27日

年末年始休診は12月28日(土)〜1月5日(日)とさせて頂きます。
皆様には良いお年をお迎えください。

夏期休暇のお知らせ
投稿日時:2019年08月11日

8月12日(日)〜15日(木)とさせていただきます。

診療時間のご案内
投稿日時:2019年05月08日

診療時間のご案内

月 水 木 金 土 日(祝) 午前  9:00〜12:30
月 水 木 金         午後 15:00〜19:30

           土 午後 15:00〜17:30

     日(祝)(午前中のみ)


*休診日:火曜日
     日曜日・祝日の午後

      

2018年 健口長寿を目指しましょう
投稿日時:2018年06月21日

歯周病の治療や歯を失ったときの治療を受けるのはもちろんのこと、滑舌の衰え、食べこぼし、わずかのむせ、咬めない食品が増えるなどのささいな口腔機能の低下を軽視しないことが大切です。この僅かな口の衰えは身体の衰えと大きく関わっています
誠歯科は皆様の健康長寿をサポートしてまいります。

名古屋市歯周疾患検診の対象年齢が変わりました。
平成30年度(平成31年3月31日迄有効)
名古屋市内に居住地を有し、4月1日現在40歳、45歳、50歳、55歳、60歳、65歳、70歳、75歳、80歳までの5歳刻みとなっています。

 ☆平成30年度の対象者☆
昭和52年4月2日〜昭和53年4月1日
昭和47年4月2日〜昭和48年4月1日
昭和42年4月2日〜昭和43年4月1日
昭和37年4月2日〜昭和38年4月1日
昭和32年4月2日〜昭和33年4月1日
昭和27年4月2日〜昭和28年4月1日
昭和22年4月2日〜昭和23年4月1日
昭和17年4月2日〜昭和18年4月1日
昭和12年4月2日〜昭和13年4月1日


*検診項目以外の検査料、治療費は医療保険扱いとなり、別途料金が必要となります。

歯磨き 全身を健康に
投稿日時:2016年10月06日


歯を磨くコツは、歯野面や歯と歯肉の間に歯ブラシの毛先を当てること。ブラシを細かく往復させ、強い力で磨かないようにします。鉛筆を持つように歯ブラシを持つと、力加減が調節しやすいです。歯ブラシの交換時期の目安は1か月です。
歯と歯の間は、歯垢を取り除くのが難しい部分です。デンタルフロス(歯の間の汚れを取る糸状の器具)や歯間ブラシを使い分けて歯垢を落としましょう。

唾液は、細菌の繁殖を抑えたり、乾燥を抑える役割もあります。マッサージで唾液腺を刺激し、分泌を促します。[昭蠅凌雄垢兄悗ら小指までを頬にあて後ろから前に向かって回します。⇔昭蠅凌道悗鮗の下から顎の先まで5か所を順番に押します。親指をそろえて顎の下から舌を突き上げるように押します。

舌の運動で舌の筋肉を鍛えると唾液の分泌も良くなります。まずした舌を出して、口の中に戻します。次に出した舌を左右に動かします。先端を上下に動かしたり、口の周りをなめるように右回り、左回りに動かします。

定期的に歯科医に通って、歯石を取ってもらうことも大切です。

健康な歯で 全身元気
投稿日時:2014年07月25日

いつまでも丈夫な歯でおいしい食事をして、いつも美しい笑顔で会話を楽しめたら、どんなに幸せなことでしょう。そんな意味で、健康で美しい歯は一生の財産ではないでしょうか。
誠歯科はあなたの歯の健康と美しさ守るため、精一杯のお手伝いをしたいと考えています。
歯の健康についてご不明な点がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

☆☆☆ 歯磨きのポイント ☆☆☆
投稿日時:2012年03月08日

・ 歯の根元(歯と歯ぐきの境目)
・ 歯の溝
・ 歯と歯のすきま
以上のむし歯になりやすい部分をしっかりみがくこと。
歯ブラシを小刻みに、一ヶ所につき30回振動させる。
1日2日以上みがきましょう。そのうち1回は寝る前に。就寝中は唾液の分泌量が少ないため、口の中の環境をよくしてから寝ることが大事です。

お口の健康について
投稿日時:2010年01月20日

「生きることは食べつづけることである」これは、ある哲学者の著書に書いた言葉です。
食べることは生命の源、
おいしく食べることは生きる意欲の源、
しっかり噛んで食べることは健康の源です。
歯と口は小さな器官ですが、すごく大きな役割を果たします。食べる・飲む(食と生命)だけでなく、話す・歌う(コミュニケーション)、笑う・泣く(感情表現)など、大切な日常動作と生活の質は、歯と口の健康が支えています。
お口の健康を守ることが身体の健康につながっているのです。おいしく食べて、楽しく話せることから、毎日を明るく健康に過ごしましょう。



1/2ページ目を表示 最初 | < 戻る | 次へ > | 最後


△ページトップへ